先物取引の取引業者に口座を開設したら、すぐにでも実際の取引を始めたくなる気持ちだと言えるのです。けれど、いくら他の投資経験がいたとしても、先物取引には先物取引のルールというものが存在します。それでは、実際に先物取引を開始しる前に、最低限これだけは理解しておくべき事には一体どんな物があるんでしょう。まず、SPAN証拠金、SQ、値洗い、限月など、先物取引では日常から出てくるキーワードが沢山あるんです。このようなキーワードは、取引を始める前にちゃんと理解する事をしておかないと、思わぬ損失をかかえてしまう場合があるんでしょう。先物取引は、現物の株取引などとは異なって、期限が決められていらっしゃるかもしれませんね。この期限内に反対売買を行うのかSQ決済を行うのかだけでも、利益を得られるか、リスクを回避出来るかなどが決まってきます。また、先物取引の単位にはミニとラージがありますから、それぞれのメリットやデメリットも理解しておきましょう。取引単位に迷ったりしたら、まずは1枚から始め、もし、ミニとラージのどちらにするか迷ったりしたら、初心者はリスクの少ないミニから始めると良いですよ。さいごに、取引リスクの認識です。先物取引は、他の商品と同様に元本が保証された取引ではありません。損失額が取引業者に預託した証拠金の額を上回ってしまう可能性も充分にありますし、追加で預託を請求される場合もあるのです。先物取引は危険性の高い取引だと言うことをちゃんと認識しておくことが、損失を最小限に抑制するためにも大切な事ですー